洗い流さないトリートメントのランキング

洗い流さないトリートメントおすすめランキング

 

髪の毛を大切にするためには、やはりトリートメントが大事でした。

 

トリートメントをすることで、髪の毛の質感にはかなりの違いが生まれますからね。

 

でも、一番トリートメントをする上で判断が困ってしまうのは、トリートメントを洗い流すか流さないかです。

 

今までは、洗い流さないトリートメントのほうが、髪の毛にトリートメントの膜が張られて防御効果が高いのではないかと思いました。しかし、実は用途ごとに機能が違うため、どちらが良いとは一概にいえないそうなのです。トリートメントは、洗い流すものと流さないものをパターンに分けて使うのが一番良いそうなんです。

 

ですから、これからは両方の種類のものを買って、トリートメントを使い分けていきたいです。

 

トリートメントの使い方のコツ

 

私は子供の頃から髪がキレイだと褒められることが多く、現在40代半ばを過ぎても髪の美しさには自信があります。

 

細くて柔らかい髪質なので、シャンプーの後にはトリートメントが欠かせません。

 

旅先のホテルでは水やシャンプーが合わないのか、髪がギシギシすることがあるので使い捨てのトリートメントだけは持参するようにしています。

 

特に髪が傷んでいると思った時には、トリートメントを浸透させるために5分くらい放置してから流すようにしています。

 

多種多彩なトリートメントやヘアオイルなどがあるので、どれがいいのか迷うことがあります。

 

しかし私の場合、高いものを使えばいいというわけではなく、もみこむようにして塗るのがポイントだと思っています。

 

洗い流さないトリートメントおすすめランキング

 

30代!トリートメントこだわりを

 

30代になると、髪の毛がすごくパサパサに乾燥をするようになってしまいました。潤いがなくなり、ツヤもなくなり、これは何か対策をしなくてはと思い、30代に人気のあるトリートメント剤を購入して、しっかりとシャンプーのあとにつけるようにしたんです。

 

容量を守り、時間を守り、優しく丁寧にすすぐようにしたら、少しずつ髪の毛に潤いが戻ってきて、しっとりまとまりのある髪に変化をしてきたのでホッとしました。

 

今までは若くて何もしなくても髪の毛がキレイだったので、適当にトリートメントを使用していたのですが、これからはきちんとしようと思いましたね。肌の老化だけじゃなくて、これからは髪の老化にも敏感になりたいと思います。良いトリートメント剤を使うようにします。 洗い流さないトリートメント ランキング

 

トリートメントの選び方

「髪は女の命」と言われるように、きれいな髪の毛は女性のシンボルともいえます。サラサラヘアを保つために、シャンプーの後のヘアケアとして、トリートメントをするのがおすすめです。

 

どんなヘアケア用品を選べばいい?

 

最近ではヘアケア用品売り場に行くと、シャンプーとコンディショナーはもちろん、トリートメントやオイル、クリーム系やヘアパック、ノンシリコンやアミノ酸タイプのものなど、さまざまな種類の商品が販売されています。
髪の毛をきれいで健康的に保ちたいと思うなら、ノンシリコンやアミノ酸系の商品を使用するのがおすすめだといえますが、ノンシリコンとアミノ酸は全く異なるものになりますので、気を付けましょう。

 

とはいえども、両方、地肌に優しく、毛穴のために良いといった点は変わりません。
含まれている成分に、一般的なシリコンタイプのものと同様の成分がある場合もありますので、購入する前に、必ず表示成分をチェックすることが必要です。
商品のラベルに、無添加やノンシリコン、アミノ酸配合などといった記載がされているものが多いですが、実際には髪の毛にとって、あまり良くない成分が一緒に含まれていることも多くなります。

 

薄毛や抜け毛に悩んでいる方ならば、アミノ酸系のヘアケア商品のほうが、髪の毛にとって優しい成分が含まれていることが多いようです。バランスを考えて、開発されている商品が目立つとも言えるでしょう。
ただし、若干、金額が高額になってしまうことがデメリット点ともいえるでしょう。

 

髪質と仕上げ方でトリートメントを決める

 

髪の毛をよりきれいに保ちたいと考えるなら、シャンプー後にトリートメントをほどこすと良いでしょう。
トリートメントの役割としては、髪の毛に水分と油分をしっかり補うことになります。
トリートメントはキューティクルを整え、傷んだ頭髪にしみ込んでいき、髪の毛の内部を補修しながら、髪の毛の表面をコーティングすることによって、髪の毛を保護します。
トリートメントをすることによって、髪の指通りがよくなるだけでなく、ドライヤーなどの熱からも、髪の毛を守ってくれます。

 

トリートメントの選び方のポイントとしては、自分の髪質に合ったものを選ぶということです。また、仕上がりをどのようにしたいかによっても、選ぶトリートメントは変わってくるものです。
自分がオイリーヘアの場合、あまり仕上がりをしっとりさせたいと思う方は少ないことでしょう。また、逆にサラサラヘアの人の場合、乾燥防止の効果があるトリートメントを望むものです。
このように、自分の髪質を知った上で、どのような仕上がりにしたいかによって、トリートメントの選び方は異なってくるものです。